2019年1月19日 (土)

ハピさた理科教室


今日は、あまぬまハッピィさたでぃ理科教室。「名探偵になろう!」というテーマで楽しい理科実験をします。
教えてくれるのは、天沼でんじろう先生。

1・2年生は「宝物を探せ!」。空気砲を作って、ヒントを見つけて宝物を探し出すという内容です。

一人一人、ダンボール箱を組み立てて、ガムテープで封をします。指先に力が入らず、ガムを切るのに苦労していました。

一か所にダンボールカッターで穴を開けます。

ダンボール箱には、ペンで絵を描きました。

穴から線香の煙を入れてもらいます。

試し撃ちをすると、煙が輪になって発射されました。

この空気砲を使って、ロウソクの炎を消すのが宝探しの最初のゲーム。

封筒に入ったクイズを空気砲で撃ち落として、中にある問題を答えました。


一方、理科室では3年生以上の子供たちが「犯人を探せ!」という実験をしていました。教えてくれるのは、天沼でんこ先生です。

校長室から大切なものを盗み出したのは誰か、という謎を解いていきます。5人の容疑者のうち、犯行現場に「お宝はいただいた」というメッセージを残したのは誰でしょう。

メッセージに使われたペンを手がかりに「科捜研」になったつもりで捜査をしていきます。

コーヒーフィルターを切ったものにペンで点を描きます。

それを水に浸けると、黒いペンのインクが染み出して、色が分解されていきます。ペーパークロマトグラフィーという検査技法です。

同じ黒いペンでも、色素を分解すると違う色素が出てくることから、どのペンを使った人が犯人かわかる仕組みでした。
楽しい実験をする中で、理科の不思議さに気づくことができるイベントでした。


2019年1月18日 (金)

理科でプログラミングの授業


理科室で6-4がプログラミングの授業をしていました。理科の「電気のはたらき」でプログラムを使って効率的な電気の使い方について学びます。これは、2020年からの新しい学習指導要領で、どの学校でも必ず学習することになる内容です。
今日は教職を目指すたくさんの大学生が見学に来ていました。


これまでの学習を生かして、便利さ、節電、ユニバーサルデザインなど、さまざまな視点で電気製品を制御することを考え、Micro:bit(マイクロビット)というボードコンピュータを目的に合わせて動かすプログラムを作成していきます。


例えばこのグループは、視覚障害のある方に音声で方角を教える機器ができないか考えていました。Micro:bitに内蔵された地磁気センサーを使って、今どちらを向いているかを知らせるプログラムです。発想がすごい!


プログラミングは、トライ&エラーを重ねて実現に近づけるものです。うまくいかないところは、理科の松川先生からの助言や支援がありました。

最後に、何を目指してプログラミングをしたか発表しました。このグループは電化製品のつけっぱなしを内蔵の温度センサーで感知して警告をするというプログラムを作成していました。


このグループは、内蔵の照度センサーを使って、外が明るくなると自動的にカーテンが開いて朝を知らせるというプログラムを書いていました。
子どもたちの豊かな発想が、もしかすると今後の社会を変える製品づくりにつながる時代が来るかもしれません。発想を実現するための論理的・段階的な思考力こそ、プログラミング教育で求めていきたい力です。

こだま学級連合展覧会見学


今日からセシオン杉並で、杉並区立特別支援学級・特別支援学校連合展覧会が開かれています。こだま学級の子どもたちが、自分の作品やほかの学校の子どもたちの作品を見学に行きました。

荻窪駅から丸ノ内線に乗ります。自分で自動販売機にお金を入れて切符を買うのも学習の一つです。

自動改札に切符を入れて通ります。

セシオン杉並に到着しました。


天沼小のコーナーです。

自分の学校だけでなく、ほかの学校の作品も鑑賞しました。

こだま学級の子どもたちは、一人1台のiPadを持って、気に入った作品の写真を撮りながら見て回りました。

みんなで記念写真です。


展覧会鑑賞の後は、セシオン杉並のレストランで食事をしました。これは、消費者学習の一つです。

自分の食べたいものを選び、楽しくお話をしながら食べました。

最後にレジでお金を払い、お釣りをもらうところまでが学習です。
こだま学級では、日常生活の中で体験的に学んでいることをこのように学習活動として組み込んでいます。

2019年1月17日 (木)

書初め展始まりました


今日から地下のセンターコートで、校内書初め展が開催されています。


1・2年生の硬筆。


3年生の「はつ日」、5年生の「広い草原」。


4年生の「光る大空」。


6年生の「緑の地球」。
土日も9:00〜12:00、13:00〜16:00はご覧になれます。
書初め展は21日月曜日まで。どうぞご来校ください。

百人一首模範演技


給食後の昼休み、アリーナで百人一首の模範演技がありました。杉並かるた会の方々がいらっしゃって、競技かるたの様子を見せてくださました。


フロアの中心に畳を並べ、エキシビションが始まりました。子どもたちは息を詰めて見ています。


読み手の先生が読み始めたと同時に、ものすごい勢いで札を払いました。そのスピードに子どもたちは「おおーっ!」と歓声を上げていました。


競技かるたのすばらしい様子を見ながら、子どもたちは読み手の先生と一緒に声を合わせて百人一首を暗唱していました。終了後、杉並かるた会の方々から、「みんなよく覚えていてすごいですね」とお言葉をいただきました。
来週、校内の百人一首大会があります。みんなの活躍を期待しています。

今朝の児童集会


今朝は集会委員会企画の「特技あてクイズ集会」でした。


6年生の子どもが舞台に立ち、3つのヒントからこの子たちの特技を当てるというゲームです。


たてわり班のグループで、相談して答えを見つけます。

回答用紙に答えを書くのですが、子どもたちの姿とヒントだけでは難しい問題もありました。


最後に正解の発表です。第1問の正解は、バドミントンだったようです。
集会委員会の企画する楽しい集会も、後期はこれが最後となりました。

2019年1月16日 (水)

今日の授業風景


少し寒いですがいい天気。校庭で2-1が短縄跳びをしていました。

前跳び、後ろ跳び、そして交差跳びを練習しています。

最初から両腕をクロスして跳び始めるのは難しそうです。何度もチャレンジしていました。


2-2は体育で「シュートゲーム」という球技をするための作戦会議をしていました。

チームごとにキャプテンを決め、試合に勝つための動きなどを考えていましたが、「だまし作戦」って…(笑)

担任の川島先生から、動き方について教えてもらっているグループもありました。


2-3は図工です。紙を切り抜いた模様を画用紙の上に置き、上からローラーで彩色する「ステンシル」という技法を使って絵を描いていました。

形と色を変えて、模様を重ねていきます。

楽しい絵ができそうですね。


4-1は音楽で、和楽器と邦楽の音階について学んでいました。「ソーラン節」や「南部牛追い唄」「さくらさくら」など、日本の伝統的な音楽を聴きながら、音階の特徴を感じ取っています。

盆踊りなどの映像も視聴して、邦楽のリズムも感じていました。

次回はさまざまな和楽器を使って演奏をしてみるようです。


保健室では5-1が学期始めの身体計測をしていました。冬休みに身長や体重は増えたかな。もうすぐ6年生ですね。

2019年1月15日 (火)

4年生「東京の島」の授業


4年生の社会科で東京都の各地域について学習しています。東京都には島しょ部があるので、島についても学ぶのですが、今日は私が「東京の島」について授業をさせてもらいました。これから社会科の時間にさらに学ぶためのきっかけづくりです。


なぜ私が島しょ部について知っているのかというと、都庁に勤務していた時代に伊豆諸島のほとんどの島の学校を仕事で回ったことがあるからです。


現地で撮影してきた写真を見せながら、島へのアクセスや、インフラ、学校の様子、産業などについて1時間お話をしました。これは御蔵島小中学校の写真です。


4年生の子どもたちは、楽しみながら真剣に聞いてくれました。少しでも島しょに興味をもって学んでくれたら嬉しいです。

2019年1月12日 (土)

土曜授業 AKA交流


今日は1月の土曜授業です。地域と連携したさまざまな活動をする中に、AKA(天沼中・沓掛小・天沼小)の交流が組み込まれています。中学生が天沼小に来たり、6年生が天沼中に行ったりしました。
これは1年生の折り紙教室です。折り紙の先生が来てくださり、クマの折り方を教えてくれました。

中学生が子どもたちのサポートをしてくれます。

できた!

折り紙の先生は、こんなに難しそうな折り紙も見せてくださいました。


2年生は「九九検定」。子どもたちは、がんばって覚えたかけ算九九を中学生に聞いてもらいます。

正しく言えると、中学生から合格証がもらえます。

中学生も、ちょっと先生になった気分で優しく応対してくれました。


3年生は、算数の問題を解き、その答えとなぜそう考えたのか理由を中学生に聞いてもらうという授業をしていました。他の子どもに聞こえないように、メガホンのような筒を耳に当てて答えを伝えています。

「それは理由になってないよね?」と、先生のように3年生にアドバイスをしていました。


4年生は、東京手書友禅の方々がいらっしゃって友禅染体験をしていました。

一人一人、本格的な友禅染をすることができます。この子は、そのまま着物の柄になりそうな色使いです。

たくさんの先生がいらっしゃって、細かく指導してくださいました。中学生も一緒に活動しました。貴重な体験です。


5年生は、アリーナで中学生と「HUG訓練」をしました。HUGとは、避難所運営ゲームのことで、天沼小が震災救援所になったと想定して、次々に訪れる避難民をどこに配置するかなど、具体的な演習をする訓練です。

中学生と相談しながら、避難民をさばいていました。もし発災した場合には、中学生や小学校高学年の子どもたちの力が必ず必要になるため、こうした心構えが有効になります。


6年生は、天沼中の体育館に出かけ、沓掛小、天沼中の子どもたちと百人一首大会をしました。対戦前に礼をして自己紹介をしました。

一グループ6、7人で札を取り合います。

読み手は、3校の先生が代わる代わる担当しました。

練習の成果はどうだったでしょうか。
今日は、地域の方々との交流、小学生や中学生との交流がたくさんできた土曜授業でした。

2019年1月11日 (金)

プログラミングの授業


6-3が、理科の授業で電気の有効利用について学習していました。その中で、節電や安全な利用のために、身の回りにはプログラムで制御されているものが多いことを学びます。

この学習の中で、「Micro:bit(マイクロビット)」というボードコンピュータを活用します。


こんな小さな基盤1枚のコンピュータですが、この中に温度センサー、加速度センサーなどの機能や、スイッチ、LEDなどが詰まっていて、プログラムを使って動かすことができます。

子どもたちは、渡されたマイクロビットを不思議そうに見ていました。


ブロックエディタを使って、プログラミングをしていきます。「〜をした時、〇〇を表示する」など、子どもたちはこれまでのプログラミングの経験から、すぐに理解していました。


次回は、発電した電気を貯め、それを制御するところまで学習する予定です。

«身体計測前の保健指導

2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31